専修学校
関係者向け

OBOG INTERVIEW今後国内外を問わず活躍できるグローバルな人材になる

Ahyaev Dovudshoh(アヒヤエウ ドブドショウ)さん

学校法人大阪YMCA 大阪YMCA国際専門学校

今の仕事を選んだきっかけは?

専門学校を卒業後、大学に3年次編入し、2021年春から企業に就職します。入職する企業を選んだきっかけはグローバルに活躍でき、世界規模で人々の暮らし・生活に豊かな変化をもたらせるところに惹かれたからです。また、働く半導体業界が将来夢の世界の製造を支えていけるような業界であり、今後より成長していくと思ったからです。このような環境でこそ、新たな発見をし、数多くの仕事に携わる事で自分自身も大きく成長できるのではないかと思いました。

今の仕事のやりがいは?今後の夢や目標は?

留学以来私は一つだけの目標を持っています。それは母国であるタジキスタンの名を広め、母国の発展に貢献していく事です。その為、学生時代から様々な交流会やコンテストなどに参加し続け、専門学校及び大学において専門的な知識を身につけてきました。そして、今春からグローバル企業に入職し、今後国内外を問わず活躍できるグローバルな人材になる事です。

専修学校時代の思い出は?

入学時、クラスメイトの全員が外国人である事を知り、「この環境じゃ、日本語も英語もあまり上達しないだろう」と思い込んで、不安をもちました。しかし、専門学校の2年間はかけがえのない時間だとはっきり言えます。素敵な仲間に恵まれ、彼らがいたからこそ今の私がいると信じています。お互いが落ち込んでいるときに助け合い、モチベーションを維持することで 無理だと思っていたことをやり遂げてきました。その中で成し遂げた最も大きな成果は全国専門学校英語スピーチコンテストに最優秀賞を取得した経験です。

学校での学びが活かされている仕事の場面は?

学問的な知識よりも、日々の体験から得た社会的なスキルをよく活用しています。 専門学校にはグループワークが必要とするイベントが多数実施されており、そのグループワークを通して多くの事を学んできました。リーダーシップ能力、発信力、プレゼンテーション能力などのスキルが向上し、就職活動にも大きく役立ちました。それらが日本社会を上手に泳ぐのになくてはならない能力であり、今後とも私のキャリアを支えていくと考えています。

~ 未来の後輩へのアドバイス ~

自分の“コンフォートゾーン”から一歩踏み出し、できるだけ多くの事に挑戦することです。その挑戦をする事で、自分の隠れた才能を引き出す事ができ、自分も大きく成長できると信じています。特に専門学校には数多くのボランティア活動・イベントなどが実施されていますので、成長できるチャンスを逃さないようにしてください!

2021.03.09

学校法人大阪YMCA 大阪YMCA国際専門学校
〒550-0001 大阪市西区土佐堀1-5-6