専修学校
関係者向け

OBOG INTERVIEWゲストの思い出の一つにかかわれる、素敵なコンシェルジュをめざして

藤長 悠花(ふじなが・ゆうか)さん

コンラッド大阪 宿泊部 ベルスタッフ

学校法人トラベルジャーナル学園 大阪ホテル専門学校 昼間部 ホテル学科

今の仕事の内容は?

世界118カ国約6,100軒のホテルを持つヒルトンブランドの一つ「コンラッド大阪」のベルスタッフとして働いています。ゲストへのお声かけから案内、荷物をお部屋までお運びするなど、あらゆるリクエストに対応しています。ゲストへのお手伝いができる範囲が広いことが、ベルスタッフとして働く楽しさの一つです。

今の仕事を選んだきっかけは?

コンラッド大阪で実際に働いている方とお話させていただいた際、ゲストへの向き合い方や人とのつながりを大切にしている会社であることを知り、感銘を受けたことがきっかけです。

今の仕事のやりがいは?今後の夢や目標は?

私がお手伝いをしたことで、ゲストの素敵な笑顔や感謝のお言葉を頂戴できた時は、疲れが吹っ飛ぶくらいのパワーをもらえます。一緒に写真を撮って思い出の一つにしていただけた時には、この仕事をしていて本当によかったと感じました。
将来的には、ゲストの思い出の一つにかかわれる、素敵なコンシェルジュになりたいです。

専修学校時代の思い出は?

選択授業が多く、自分が学びたい授業を受けることができました。2年生になると選択授業が増えるので、他のクラスの子たちとの関わりも増えて、より刺激をもらえました。 卒業後も、同じ学校の卒業生が職場にいらっしゃるので、とても頼りになります。気にかけてくださったり、親身になってサポートしてくださるなど、同窓生の絆を感じます。

学校での学びが活かされている仕事の場面は?

授業ではフロントやベル、レストラン、バンケットなど、ホテルの業務に関することを、それぞれ業界出身のプロの先生方から実践的に学ぶことができました。学んだことを現場ですぐに活かせることはもちろん、業務だけでなく様々な考え方に出会ったことで、自分自身の考え方の幅が広がりました。
1つの考えに固執するのではなく、あらゆる物事を経験していくことでポジティブに捉えられるようになり、今自分にできるベストな行動は何かを考えられるようになりました。 現在では、急な他部署へのヘルプにいくことも増えましたが、授業で学んだことを活かしながらスムーズに仕事ができています。もちろんわからないこともたくさんありますが、その中でも自分に今何ができるのかを冷静に考えることができるようになったのは、学校で学んだおかげだと思っています。

2021.03.09

学校法人トラベルジャーナル学園 大阪ホテル専門学校
〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀2-1-25