専修学校
関係者向け

OBOG INTERVIEW「パーソナルジム」でお客様と向き合う、やりがいある毎日

古河 郁門(ふるかわ いくと)さん

PHASE フエイズスポーツトレーナー

学校法人葵学園 埼玉医療福祉専門学校

今の仕事の内容は?

卒業後、私は整形外科やスポーツ現場で障害や外傷後のリハビリ テーション、障害予防やパフォーマンスアップなどに携わってきました。医療現場とスポーツ現場。 理学療法士として2つの現場で 働いた経験を活かし、もっと自分らしく、痛みに悩む人やスポーツ愛好家をサポートしたい。そう考えた私は、整体・トレーニング・リ ハビリの要素を取り入れたパーソナルジムヘ転身。現在は、お客様の身体構造を診断し、普段の歩き方や生活習慣等のヒアリングから課題を見つけて、解決までサポート。「もっとスポーツを楽しみたい」「美しいボディを目指したい」そんな願いに対し、―人ひとりに合ったプログラムを提供しています。

今の仕事を選んだきっかけは?

理学療法士を選んだきっかけは、 「カラダってどんな仕組みなのだろう?』 という素朴な疑問と興味から。 高校ではスポーツ学科に通っていました。スポーツ科学の授業や、 実際に様々なスポーツを体験するなかで、「もっと身体の仕組みや動きを知って、スポーツをしたら楽しそう」と興味を持ち、動作の専門家である理学療法士という存在を知りました。「立つ」「座る」「歩く」といった日常動作がスムーズにできるよう支援したり、 痛みがでないようなプログラムを考えたり。身体機能の維持や改善をサポートするプロフェッショナル。それは、自分にピッタリ。理学療法士を目指しました。

今の仕事のやりがいは?今後の夢や目標は?

人それぞれの身体ととともに、 その人の今や未来に関わり、人生のパフォー マンスをあげられるパートナーを目指して 現在の職場であるパーソナルジムには、女性から男性まで幅広い 年齢の方がいらっしゃいます。「美しいカラダ」「動けるカラダ」「健 康的なカラダ」目標は人それぞれですが、基礎となる「身体づくり」 を通じて普段の生活を改善しながら、充実した人生を送るためのサポートができることが、この仕事の大きなやりがいです。理学療法士は、医療や介護、スポーツから健康の分野まで、選べる未来やチャレンジのステージもどんどん広がっています。スポーツジムで身体が一番変化するジュニア世代などたくさんの人と個別に向きあいながら、サポートし、共に高い壁を乗り越えながら、 お客様の夢の後押しができたら嬉しいです。 がこれからの目標です。

2021.03.09

学校法人葵学園 埼玉医療福祉専門学校
〒362-0071 埼玉県上尾市井戸木2-2-1